ミミサメ

 

 

 

 f:id:shimach_poke:20171218001404g:plain f:id:shimach_poke:20171218001124g:plain f:id:shimach_poke:20171218001156g:plain f:id:shimach_poke:20171218001219g:plain f:id:shimach_poke:20171218001632g:plain f:id:shimach_poke:20171218001657g:plain

 

 

12/17(日)カントーポケモンオフにて使用。

 予選抜けはしなかったが1つの構築の形として記事にする。

 

 

新たに習得したミミッキュZ+呪いの崩し性能に魅力を感じ構築の軸にする事とした。

採用順、ミミッキュサメハダー→霊獣ランドロス

    ゲンガー→テッカグヤ→カプ・コケコ

 

 

以下採用順に紹介する。 

 

 

ミミッキュミミッキュZ 化けの皮 

陽気AS 

じゃれつく/呪い/身代わり/痛み分け

 

構築の軸。後述するサメハダーとの相性、その他定数ダメージ+呪い痛み分けにより高耐久持ちを強引に突破する。フェアリーZとの違いによりゴツメなどの接触ダメージを注意しなければならないが、最近ではゴツメ→木の実傾向であるためそこまで気にならなかった。

 

 

サメハダー@メガストーン 加速(頑丈顎) 

意地っ張りAS

守る/身代わり/噛み砕く/氷のキバ

 

呪いを活かせると思いサメハダーを採用した。定数ダメと相性の良い守る身代わり、グロスマンダゲンガー辺りのメガ進化が多いと感じそれらに打点のある2つの技を採用した。

 

 

霊獣ランドロス@バンジの実 威嚇

腕白HB

地震/岩石封じ/蜻蛉返り/毒毒

 

対電気枠、両方のメガ進化がミミッキュに弱いため何度か繰り出せるように半分回復木の実を持たせ、よりクッション性を上げた。両方のメガ進化とシナジーがあり、再生持ちに刺さる毒毒を採用。

 

 

ゲンガー@メガストーン 呪われボディ(かげふみ) 

臆病hbS

鬼火/祟り目/挑発/ヘドロ爆弾

 

サメハダーが出せないレヒレ、ガッサ相手に裏のメガ枠としてゲンガーを採用した。また積み技を持っている相手にも対応ができる技構成にした。

 

 

テッカグヤ@イアの実 BB

呑気Hbd調整

ヘビーボンバー/火炎放射/宿り木の種/守る

 

鋼枠であり対鋼、対草枠、ここまで重いテテフも受けてほしいのでD割いている。

こちらも場持ちをしてもらいたいので半分回復木の実持ち。

 

 

カプ・コケコ@電気Z EF

臆病CS

10万ボルト/めざめるパワー氷/草結び/リフレクター

 

ゲンガーだけではレヒレ、アシレを見るのが不安だったため電気枠として採用。主に初手に出すため、幅広い相手へ打点がある3ウエポン、リフレクターはリザX、ミミッキュなど主に初手に出てくるであろう物理タイプへの回答であり、これによりランドロステッカグヤを投げやすくなる。

 

 

 

 

 4-4 予選落ち

 自らが作り出した択の多さに首を絞められたので解散。